■アダルトサイトの歩き方■
IEやネスケは、、、




・・ブラウザ


パソコン初心者の皆さんが普段ウェブ閲覧するブラウザーは大半がIE(Internet Explore以下IE)かNetscapeだと思います。しかしアダルトサイトを歩く時はIEなどのSDI(Single Document Interface)形式のブラウザを使うのでなくMDI(Multiple Document Interface)形式のタブブラウザなどを使った方が軽快にウェブ閲覧する事ができます。SDIとはアプリケーションソフトのウィンドウに1つの窓(IEなど)のみを表示する方式で複数の窓(IEなど)を開くとその分だけアプリケーションソフトが起動する方法です。つまり窓(IEなど)を何枚も開けば開いたぶんの窓がタスクバーに表示されています。逆にMDIはアプリケーションソフトのウィンドウの中に複数の窓(IEなど)を表示する方式。WordやExcelなどに採用されている方法です。つまり一つのアプリケーションソフトの中で窓がいくつも表示されるので、タスクバーに表示されるのはそのソフト一つのみになります。MDI形式のタブブラウザの特徴としては、ポップアップ広告を表示させない、複数のページを一度に開ける、検索が簡単にできる、プロキシが簡単に切り替えられる、JavaScriptやActiveXやCookieの受け入れなどSecurity機能を簡単に切り替えや、リンクの摘出が出来るなや、ある程度のブラクラ対策にもなります。アダルトサイトを歩く時にとても重宝する機能が付いています。Operaなどのシュワのソフトもありまさすが、、フリーでとても使い勝手がよいソフトはたくさん出回っているのでいくつか紹介したいと思います。タブブラウザを使い事によってアダルトサイトをより軽快に歩く事が出来ます。







色々なブラウザ


BugBrowser
リンクの摘出から画像ファイルや動画フィイルの摘出まででき、摘出したアドレスをIriaでDLやFlashGetやDCさくらへの機能が付いていてポップアップ制御やセキュティー切り替えもメニューバーからでき、お気に入りはIEのを使用。一昔前にアダルトサイトを歩く時にとても重宝した。
MDIBrowser
リンクの摘出やポップアップ制御やステータスバーの文字制御やマウスで範囲指定した場所からのリンクをコピーしたりリンクを一括で開いたりなど機能が凄く豊富です。最近はこっちを使ってる人が多いのかな?とくにシフトロック機能は便利!私のパソコンの環境ではタブ切り替え時の動作が重い為に必要な機能を使いたい時だけ作動しています。お気に入りはインクポート型です。
Cuam
見かけはシンプルですが、タスタマイズ性がとてもすぐれてます。プロキシ切り替えが簡単手軽に出きアダルトサイトを歩くよりUG向けの人用かな?(笑) タブの切り替え速度が速いので私が普段ウェブ閲覧する時はこれを使っています。
Dount
fub
Lunascape
Moon Browser



MDIBrowserの簡単な利用方法

URLの摘出


リンクの摘出ボタンで↓のような摘出が出来る。サイトはyahooを使用。
フィルタの横に*htmや*htmlでページの摘出。画像の摘出の場合は*jpgや*jpegを入れてフィルタをかける。同様にmpeg動画の場合は*mpegにすればOK
シフトロック機能は新しいページを開いても新しいタブが開かずに同じ画面になっている。便利な所はこのようなボタンの場所は新しいウィンドウで開く事が出来なかったがシフトロック機能を使う事によって新しい窓で開く事が出来る。
ステータスバー制御はステータスバーのウザイ文字を消す事ができる。このページだけ実験としてステータスバーに文字を流しています。